ウォーターサーバーとは?上手な水選び

水は買って飲むという考え方が当たり前になった時代、水道水をそのまま摂取するのは躊躇するもの。

生活するにあたって口にするものに使う水を全て水道水を使わずに、となると2Lのペットボトルはすぐに空、ゴミの量も沢山出るし、分別など大変ですよね?

今では処理時に潰しやすい薄型ペットボトルを使ったミネラルウォーターもありますが、ゴミに出さずに済むウォーターサーバーというものがあります。

これは、筒状の貯水タンクにろ過された水やミネラルウォーターを入れたものを上部に設置して使います。

水の入った容器が空になる度に新しいものと交換しながら使い続けます。

(直接水を貯水するものもあります)

ボトルの容量は会社によって違いますが、基本的には9L~18.9Lです。

ミネラルウォーターを摂取する回数が多い方は、メンテナンス無料や、取替え容器無料などの特典があります。

災害などで混乱に陥った場合でも崩れることのないサービスを提供してくれるので、震災以降ウォーターサーバーを導入する家庭が急増しているそうです。

ここで、導入のメリット・デメリットを紹介します。

まずメリットは、お水を購入しやすい。

空のボトルの処理もお任せ!

電話一本で注文出来て、配達する時に一緒に空のボトルを回収してくれます。

買う時の重さが気になって、なんていうこともありません。

分別の手間も省けます。

温・冷どちらもいつでも出せます。

水道水のカルキ抜きの時間もいりません。

お出掛けの際、水筒に入れて持って行けば、外出時にお水を買う出費もありません。

月極でレンタル可能なので、定期的に交換・メンテナンスをしてもらえるので、大掛かりな掃除はいりません。

設置場所に応じて、卓上・床置のサイズ選択が可能です。

健康にいいので、赤ちゃんやお年寄りにもオススメ。

けれども、やっぱりデメリットも存在します。

それは、大きめのボトルのウォーターサーバーを選んだ場合、結構な重さがあることです。

自分で運ぶ時、女性なら腕力がなかったり、男手がないと危険です。

他にも、普段は静かでも運転する際に立つ音で置く場所によってはうるさいと感じるかもしれません。

先程ボトルの回収についてのメリットを書きましたが、配達のついでの回収のため、外出時に配達してもらう際の出し忘れなどで空のボトルが溜まる可能性があります。

後ネコを飼っている人は、ネコが水滴がついた注出口をなめてしまうことがあるらしく、外出時なめられないように注意して下さい。

量販店の格安ミネラルウォーターに比べると少し高めかもしれませんが、どんなものにも長所・短所がありますので、上手に選んでください。

ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム

Copyright© 飲料水・ウォーターサーバー